スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

イラク、自爆攻撃相次ぐ 62人が死亡、250人以上が負傷 

アメリカ軍が全員撤退したら、自爆攻撃がさらに増えるかもしれませんね。
アメリカ軍がいなくても、イラクの政府は治安を立て直して、
安全な世の中に出来るように対策を打ってほしいです。

しかし、アメリカ軍の任務終了を撤回しないか少々心配です。
 [バグダッド 25日 ロイター] イラクの首都バグダッドなどで25日、警察署を狙った攻撃が相次ぎ、各地で少なくとも62人が死亡、250人以上が負傷した。

 イラクでは駐留米軍が今月末で戦闘任務を終えることになっているが、今回の攻撃は脆弱(ぜいじゃく)なイラクの治安を見せ付ける形となった。

 当局によると、東部クートでは車を使った自爆攻撃で警察署が破壊され、警官30人が死亡し、87人が負傷。バグダッドでもトラックによる自爆攻撃で15人が死亡した。このほか、中部カルバラや南部バスラでも爆弾攻撃があったという。

 米軍は24日、駐留規模が5万人以下になったと発表したばかり。事件を受けてイラクのマリキ首相は、アルカイダやフセイン元大統領が率いたバース党を非難。米軍の戦闘任務完了に合わせて、さらなる攻撃が予想されるとの見方を示した。

駐留米軍縮小のイラク、自爆攻撃相次ぎ警官ら62人死亡 - ロイター

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント 
最新トラックバック 
月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。