スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

アフガン拉致された常岡浩介さん、解放され6日帰国 

無事に解放されて良かったですね。
6日夜に帰国との事なので、無事に帰国できると良いですね。

しかし、ツイッターなどで現地の情報をありのまま伝えているのは凄いです。

【ニューデリー栗田慎一】アフガニスタンで武装集団に拉致、監禁され、4日に解放されたフリージャーナリストの常岡浩介さん(41)は5日、犯人グループについて簡易ブログ「ツイッター」で、タリバンではなく「現地の腐敗した軍閥集団」と指摘、「タリバンになりすまして日本政府をゆすっていた」と主張した。

常岡さんは5日夜、アフガンを出国し、経由地のアラブ首長国連邦のドバイに到着。関西国際空港を経て6日夜に羽田空港に到着するという。

 常岡さんはツイッターで、「4月上旬にカルザイ(アフガン大統領)が(同国北部)クンドゥズを訪れ、地元住民にタリバンを攻撃する米軍との合同作戦の説明を行ったときは、部隊(拉致犯グループ)は私の見張りを残して全員、この集会に出かけた」といい、武装集団がアフガン政府に協力していた可能性を指摘した。

 常岡さんは「(拉致犯グループの)上級司令官たちは腐敗しきっていましたが、末端の兵士はまともな人たちでした」と記した。

 拉致を実行した組織が今年6月、毎日新聞に対し、常岡さんの電話取材を許した際、この組織の責任者は「タリバン司令官」を名乗っていた。


アフガン拉致:「軍閥集団が犯人」解放の常岡さん6日帰国 - 毎日新聞

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント 
最新トラックバック 
月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。