スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

アンジェリーナ・ジョリーさん、パキスタン北西部の洪水被災地へ 難民にも言及 

アンジェリーナ・ジョリーさんは国連難民高等弁務官事務所の親善大使なのですね。

これをきっかけに、パキスタンに起こった洪水災害に少しでも興味を持つ人が増えて、
寄付などの支援が集まると良いですね。

しかし、この洪水の被害はパキスタン史上最悪規模なだけでなく、
世界全体でみても大きな災害になりますね。
国連難民高等弁務官事務所(UN High Commissioner for Refugees、UNHCR)の親善大使を務める米女優アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)さん(34)が7日、壊滅的な洪水被害が出ているパキスタン北西部を訪れた。公式発表によると1760人が死亡、2100万人に影響が出た同国史上最悪規模の洪水への国際的な関心を高めることを目的としている。

ジョリーさんは、同国北西部カイバル・パクトゥンクワ(Khyber Pakhtunkhwa)州(旧北西辺境州)ノウシェラ(Nowshera)の洪水避難民キャンプなどを訪れ、洪水被災者、支援者、さらにアフガニスタンの難民と話をした。

ジョリーさんは記者団に対し、これまでに見たことのないほど被害の規模が大きいと話し、「洪水だけでなく、状況はとても複雑」として、同国北西部の難民キャンプで以前から暮らしている170万人のアフガン難民にも言及した。また、被災者の窮状を見て辛くなったと語り、国連などを通じた寄付を呼び掛けた。

ジョリーさんがパキスタンを訪れるのは、2001年にUNHCRの親善大使になってから4度目。

写真は、ノウシェラの避難民キャンプを訪れたジョリーさん
アンジェリーナ・ジョリーさん、パキスタンの洪水被災地を訪問 - AFPBB News

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント 
最新トラックバック 
月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。