スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

トルコで行われる10月の原爆展へ、長崎の高校生3人が 

原爆展によって、トルコの方にも原爆の悲惨さを知ってもらえると良いですね。

現地の高校生とも意見交換をするようですが、

トルコの高校生は平和や原爆について

どのような考えを持っているのか気になります。
 トルコでの原爆展に派遣される高校生平和大使に、佐世保南高2年の佐生悠香さん(16)と長崎東高1年の平美貴子さん(15)、福岡市の筑紫女学園高3年の大神桜子さん(17)の3人が選ばれた。

 佐生さんと平さんは16日、同行する県立大1年の西山貴之さん(20)と共に、長崎市役所で記者会見。佐生さんは「トルコの人々が原爆展を見て、平和への思いがどう変わるか感じたい」。平さんは「宗教や国籍の違いを越えて一緒に平和について考えたい」と話した。

 原爆展は今年が「トルコ日本年」に当たることから、在トルコ日本大使館の呼びかけで企画された。10月17日~12月12日、アンカラやイスタンブールで開催。平和大使派遣委員会によると、高校生3人を含む訪問団約20人が10月11~17日に現地入りし、講演や現地の高校生との意見交換に臨む。

高校生平和大使3人、トルコ派遣 10月の原爆展参加 - 朝日新聞

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント 
最新トラックバック 
月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。