スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

北京や上海で反日デモ続々と 武装警察による厳重警戒態勢 

尖閣諸島の事件はもちろん、柳条湖事件のこともありデモがいつもよりも激しくなりそうです。

中国人船長は不法に拘束されているわけではないですよね。

しかし、日本も早めに中国人船長の処分を決定し、
対処しないと日中関係が大変なことになりそうです。
 【北京=矢板明夫】北京の日本大使館や上海の日本総領事館周辺に18日早朝、反日団体のメンバー50~60人が集まり、沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近の日本領海で今月7日に起きた中国漁船と海上保安庁の巡視船との接触事件をめぐる日本側の対応に抗議の声を上げた。

 北京の日本大使館前では、抗議メンバーが国歌を歌い、「釣魚島から出ていけ」などと書かれたプラカードを掲げながら行進。「不法拘留中の中国人船長を返せ」「日本に旅行に行く人々は非国民だ」「日本軍国主義を打倒せよ」などと叫んだ。

 現場付近では数百人の警察、武装警察による厳重警戒態勢が敷かれた。当初、メディア関係者と、事前にデモ参加許可を得たとみられる抗議メンバー以外、通行禁止となっていたが、一般の通行人がデモに参加する光景もみられた。デモは約30分間で終了した。

 9月18日は、満州事変の発端となった柳条湖事件(1931年)から79周年にあたる日。ネットでは10日ごろから、反日デモを呼びかける書き込みであふれている。

北京や上海で反日デモ 「日本に旅行する人々は非国民」 - MSN産経ニュース
カテゴリ : 中国の話題
2010-09-18(Sat) | トラックバック : 0 | コメント : 0

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント 
最新トラックバック 
月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。